きつい感情も限度が決まっている?

今日のタイトルは私と他の人を比べることが

出来ない内容。だから自分の体験を聞いてもらう

ことになってしまいます。

私のように本当にこころの病で死にそうになっていた

人でも、嫌な感情の強さには限度があると思います。

私が生きているということは、限度を超えなかったと

言うこと。だから、ずっときつい感情は自分の限界

以下だったと言うことになります。

これ、よく考えると不思議なことで、自分の感情は

他からやって来るのではなくて、自分のどこかが

全部わかりきって、耐えられる範囲で感じている

ことになります。今、苦しみながらもこのブログを

読んでくださっている人なら全員そうなのでは

ありませんか? 相手から与えられたものなら

そうはいかないでしょう。だから感情は自分の

ものなんです。このことは非常に大切です。

自分のものなら変えることも出来るからです。

実際、感情はコントロール出来るんです。

どんなに辛く感じても、限界以内だから。

感情は本当に不思議な現象なんです。