こころの作業は驚くほど多い

例えば、親子のいやな関係を解決するために

「イメージの中でこんな事をしてみて下さい」 とか

「問題がだんだん遠ざかってゆく所をイメージして、

見えなくなるのが実感できたらいいですね」

というような方法は、ありがちな方法ですね。

確かに、これも上手に出来れば効果があるのです。

 

でも、Qメソッドでたった3秒後に得られる満足感は多分同じです。

それなら3秒のほうが簡単だとおもうのですが、ところが

3秒に一度、Qメソッドを繰り返しても、特に慣れてきた頃

次から次から解決したい感情がいくらでも出てくるものなのです。

 

そこでやっと分かりました。

イメージトレーニングを数分掛けて行っていたら

まったく追いつかないほど作業をする必要があるのが私たちなのです。

 

だから、やっぱり一度の作業は3秒~5秒に限ります。

しかも簡単じゃないと、何年かかっても必要な作業回数にならないほど、

私たちのこころ?記憶?は大きいということなのでしょう。

 

今週末は大坂でBASICコースが開催です。