そこは私の一部なのに全部ダメな気がする

今日も、一人の方の質問に答えましょう。

 

こうやってブログでのお答えで良いのなら、

読んでくださっている誰でもサイトの“問合せ”から質問をして下さい。

 

複雑だと思われている「こころ」の扱い方(持ち主の私たちに出来ること)は

驚くほど単純なことだとわかっていただけると思います。

 

自分の一部が気に入らないだけなのに、全部ダメな気がする。

 

こんな言葉もよくわかります。

自分を部分部分に分けて考えるから、

自然に「このように感じるのはなぜ?」という疑問が生まれます。

でもね・・・

「感情」の種類が、たった一種類 「機嫌」 だけ!だとしてみてください。

悲しい、寂しい、苦しい、怒り、恨み、などなど

ぜーんぶ「機嫌が悪い」ことなんだとしたらどうでしょうか。

 

「そこは私の一部なのに全部ダメな気がする」のはなぜか簡単にわかります。

「機嫌が悪い」から。

機嫌が悪いと、ここもあそこも、あれもこれも……全部悪く感じる。

良いことがひとつもないような気がする。

それが機嫌が悪いと言うことですから。

ほら、簡単になったでしょう?!