どんな言葉にでも気分悪くなる必要はない

こんにちは。

Qメソッドは心の健康だけを考えるとき、

言葉をあまり重要だと思っていません。

同じ言葉でも人によって気分的な意味が随分違うものですから、

言葉を基準にこころの事(つまり感じ方)を語ることは不可能だと思っています。

 

言葉ってついつい語彙に加えて

感情的な意味がキチンと決まっていると思ってしまうのですが、

これが、まるで辞書に書いてありません。

 

つまり 「ありがとうと言うときには、気分良く言わなければ

本当にありがとうと言っていることにならないよ。」

そんなことはどこにも書いてないのです。

 

あなたがすがすがしい心を保とうと思ったときには

「否定的な言葉にも、気分が悪くなる必要はない」

ことを忘れないでください。

 

例えば、なにかと話題の「苦しみ」という言葉を聞いたとき、

意味はちゃんと理解しないと社会生活上困りますが、

その言葉を聞いたことですっかり暗ーくなってしまったり、

次から次と、イヤーなイメージが浮かんだりしないほうが

あなたのためにいいのです。

 

それはそうですよね。

肯定的な言葉はたくさん有ります。

でも、「ありがとう」という言葉を聞いて、

いい気持ちになる人ばかりではないでしょう。

 

それと同じ事で、否定的な言葉を聞いても嫌な気持ちになる必要はない。

それどころか、辞書にあるどの言葉をとっても 「嫌な気持ちにならない」

そんなふうになれるし、これで不都合が無いだけでなく

あなたの人生は明るく豊かになるのです。

 

そんなふうに感じられるようになる為に、

聞くといやな気分になる言葉を見つけたら、見逃さず、

Qメソッドで、作業的にその否定的な気分をとってみましょう。

きっと、数分から数十分以内に、今居る場所の雰囲気が変わって感じられるはずです。

お楽しみに。

 

 

* Qメソッドのベーシックセミナーを開催します *

否定的な言葉を聞いても嫌な気分にならないための

基本的な練習が身に付きますよ。

セミナーの詳細は コチラ

お申し込みは コチラ