イメージに見えるものは相手にしない

あなたの気分が悪いとき、

きっと心に浮かんだものや

イメージに浮かんできた人を、

今の気持ちの原因だと思ってしまうことが多いです。

 

確かにそれはもっともらしいのですが、

実はあまり大事な情報ではありません。

 

順番が違うのです。

 

ここに書いていることは、こころを病んでいた人が言っていることなので、

そのつもりで聞いて下さればよいのですが、

何かが心に浮かんでくると、心に浮かんだものがなんなのか、

分析したりしたくなりますが、その前に機嫌が良いか悪いかが重要なのです。

 

 

そして、機嫌だけ良くすることに成功すると、

もう先ほどまでの人や物、感情を生み出した

原因のような映像は浮かんでこなくなります。

 

あなたの心のなかの相手は、

「見えるもの」じゃなくて

「そのときの機嫌」だけなのです。

 

これはとても簡単ですね。

 

これで本当にどんな心の辛さも解消すると、

私は自分と、Qメソッドを体験してくれた人達の反応から確信しています。