世界で初めての本

今、Qメソッドの本を書いているのだけれど
バラバラに書いた8万文字の原稿を最初から読みながら
一本通った原稿にする作業中。

うーん、こういうのは何も考えずに
キーボードの指が動くときに一気に書くのがよろしいかと思う。

以前、人形を大量に生産する会社をやっていたのだが
考えてヒット商品が生まれたことは一度もない。

考えないパワーはものすごいものがあって、
Qメソッドはそれを積極的に作れる世界で初めての本。

それを書いている僕が悩みながら書いたのでは
何にもならないから、考えない考えない。

ひたすらQメソッド実践中

結果はできあがって本を見て欲しい。