受験生がQメソッドを使うと

中学や高校の三年生、そろそろ焦りが出始めています。

そして「頑張るぞ!」と気合いを入れて後半戦に臨むのですが
実は気合いを入れると反対に頭にものが入らなくなり、
忘れやすくなってしまうのです。

「リラックスが大事」とは良く言われますが、
何もしないでごろごろするのはリラックスとはあまり関係ない行動で、
Qメソッドを行ったときの「ホッ」とした感じ。

セミナーに来ていただいた人なら体験していますが
あの感じが継続する状態が勉強にもっとも向いている状態です。

疲れている人は一端眠くなります。
でもその後スッキリと冴えてきます。

そして正しいリラックス状態だと「出来るような気がする」という「自信」が
静かに自分の周りにまとわりついてくる。
そんな感じになるんです。

気合い!とかの「力み」とは無縁の平和な感覚の中でするのが
勉強なのだと思います。Qメソッドはそんな境地に真っ直ぐ向かう方法です。