夢を見るために、ネガを消す方が先です

私のように否定的な思い込みの塊のような人間は

「将来の夢を見よう」と、理想の生活をイメージしようとすると

・・・・・結局なにをイメージしても「余計つらくなる」だけでした。

かえって具合が悪くなる人は私だけではないと思いますが、

あなたはいかがでしょうか。

 

でもね、おかしいんです。

ただのイメージなのに全然自由じゃない。

本当に不思議でしょう?

イメージなんだから。

それでも気分が悪くなって、出来ない事が多いんです。

 

そこで、そんなあなたにお勧めなのは

将来の夢を見る前に自分の暗い部分、自分が嫌いな部分、

そういうとても「ネガティブなもの」を

次々許してゆく作業をすることです。

 

“そんなことをしたら余計に暗い性格になってしまう”

と、思わないで大丈夫です。

 

例えば 「なにも出来ない私」 と、つぶやいたときに

きゅんと胸が苦しくなったり、辛さが増すと思うでしょう。

 

でも、実際には

信じ込んでいることをつぶやくと楽になるのです。

だって当たり前なんですから。

そのとき、真剣に注意する点が!

 

もしも、「私って本当にダメ」と言いながら切なくなったのなら、

あなたは「私は決してダメ人間じゃない!」と抵抗しているのです。

 

「私って本当にダメ」と、信じているとおりに浸るのです。

ネガティブなセリフを100回言っても1000回言っても

どっぷり浸りこんで気持ちよく酔えるのなら

やればやるほど気持ちよくなって元気が出てきますから試してみて下さいね。

 

きっと100回も繰り返したら生きる勇気が湧いてきますよ。

 

弱音を吐いちゃいけない!というのは誤解です。

正確には弱音を100%言い切って浸れば

ポジティブなことをしたという意味なのです。

泣き言を言いたいのに我慢すると体を壊します。

ひとりつぶやいては気持ちよく浸ることがベストです。

 

 

常識的に立派なことをしているつもりで、

うっかり自分を責めるのをやめましょうね。