鏡の自分を愛するために先ず一歩です

大人なら毎日一度は鏡を見ると思います。
そのとき映っている人は自分に似ていますが、
どんな感じがする人物でしょう?

鏡は見るだけで、見ないよりもいいことがあります。
あまりにも不機嫌な表情を見るのは、他人の顔でも嫌な感じがしますね。
だから鏡の自分の顔も、つい表情を良い感じに変えることになるのです。

これだけで気分が良くなる。
少なくとも最悪からは脱出できると思います。

そこで、鏡の自分に向かって「おはよう」と挨拶が出来たらもっといいですね。
外で他の人と挨拶するときに作る笑顔でないと、なかなか鏡とはいえ挨拶になりません。

自分の中はともかく、人からはよく思われたいのが私たち。

そんなとき、鏡を見ながらQメソッドを実行すると面白いですよ。
映っている自分の表情がみるみる明るくなって気楽そうになってゆくのが分かります。
試してみてください。

そうそう、具体的には映った自分の片方の目をジッと見て
5秒ぐらいたったら反対の目に意識を移します。

この瞬間、ふわっと広がったような感じがしたらうまくできました。

そのときの自分の表情をさっきより好きになれるのではないですか?
行ってらっしゃい!

 

 

・・*Q*・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Qメソッドって何? どうやるの? がわかる
【Qメソッドメール講座】を配信中です。
ご登録は → http://bit.ly/qmethodmailmag

Qメソッドセミナー「ベーシック」を開催します!!
詳しくは → http://bit.ly/1QJXFVm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*Q*・・