静かなワクワクが本物

何故か不意に頭に浮かんだ10年前の本のタイトル。

本田健の「きっとよくなる!」を探し出して読んでみると

そこに書いてあったことに驚きました。

 

ワクワクすることをしなさいと言うけれど

同じ「ワクワク」でも「熱いワクワク」と「静かなワクワク」の二つがあります。

にせ物の熱いワクワクは一緒にいると疲れてくるのでわかり、

本物のワクワクは静かで落ち着いています。

 

こんなことが書いてあることは全く覚えていないほど昔に読んだのに、

なぜ今この本のタイトルが突然頭に浮かんだのでしょうか。

 

私たちは一度読んだもの・・・いや、見たものは

すべてを覚えているという話を聞いたことがあります。

 

Qメソッドは「静かに穏やかにしている努力だけでいい」

 

興奮して喜んでいるのは絶望しているのと同じなのです。

このニセの「熱いワクワク」に惑わされないためにも

Qメソッドで落ち着く作業が大切。

始めると自分がいつでも興奮していることがわかるでしょう。

 

「静かなワクワク」 いい言葉です。

本田健さん、さすがですね。